NEWS

東京企画2013

 

ポスターセッション&ワークショップ

 

「鳩間×早稲田 共に考える島の未来

~2000キロ離れた東京から考える~」

東京から2000キロ離れた、沖縄県八重山郡竹富町に鳩間島という島があります。1時間も歩けば島を一周できるほどの小さな島です。かつてドラマのロケ地となったこともある美しい海に囲まれたこの島には、現在約50人の島民が暮らしています。離島交流プロジェクトは2006年から継続してこの島において、海岸清掃や子どもたちとの交流活動に取り組みながら、学生が島のためにできることは何かを模索してきました。

 

今回開催するイベントは「共に考える島の未来」をテーマとして、東京に住む私たちが鳩間島のために今できること、これからやっていけることを、来場者も交えて語り合う場とします。鳩間島が直面している問題に、私たち外部の人間ができることはなにか。この問いに対して、学生や社会人というそれぞれの立場を超えて語り合うことで、ひとりひとりが自分にできることを考え、模索するきっかけとなります。

 

 イベントは、ポスターセッションとワークショップの二部構成になっています。

ポスターセッションではまず、学生たちのこれまでの活動の経緯と未来への展望についての発表を行います。学生たちはこれまで、どのような課題を解決するために、島での活動を行ってきたのか、また実際に活動してみて見えてきた新たな課題とはなにか。来場者の方に離島交流プロジェクトの取り組みを知ってもらうと同時に、島の抱える課題や現状についても知ってもらうことを目的としたポスターセッションとなっています。また、きれいな海と空など、魅力の多い島でもあるので、いままで鳩間島のことを知らなかった来場者の方には、そのような島の魅力もお伝えできたらと思います。

続いてワークショップでは、来場者の方と共に、ポスターセッションで得た情報を踏まえた議論を行います。いま島が向き合っている課題に対して、東京にいる人々ができる取り組みとはなにか。また、島は将来どのような現実に直面し、その時にはどのような活動が必要とされるのか。これらの問いにひとりひとりがしっかりと向き合い、島の課題について思いを巡らせること。このことが、来場者の方にとって今後も鳩間島について考えたり、関わっていったりするきっかけとなればと思います。

 

 

【日時】

 20131027日(日)

  15:0017:00(開場14:30~)

  ※途中入退場可

 

【会場】

 早稲田大学 早稲田キャンパス27号館 小野梓記念館

                    地下二階小野梓記念講堂

http://www.wasedabunka.jp/about/access

 

【内容】

 ポスターセッション「学生の活動の現状と未来」

 ワークショップ「私たちが、島にできること~ともに考える島の未来~」

 

【備考】

 ※参加連絡は不要です。気軽に会場まで足をお運びください。

 ※イベント終了後、来場者の方との懇親会を予定しています。こちらもぜひご参加ください。

 

【お問い合わせ】

 

 メール:ritoukouryuu@gmail.com

詳しい内容は下記ホームページからご覧になれます。

WAVOCホームページ(http://www.waseda.jp/wavoc/event/20131027Hatoma.html

離島交流プロジェクト公開シンポジウム

「鳩間×早稲田 共に考える島の未来  ~人口50人の離島に学生が今できること~」

当日資料

 

 

 2012年11月10日(土)に公開シンポジウム「鳩間×早稲田 共に考える島の未来 ~人口50人の島に学生が今できること~」を早稲田大学にて開催させていただきました。大変多くの皆さまにご来場いただきましたことを心よりお礼申し上げます。

 

 

 シンポジウム当日に配布させていただきました資料をこちらに掲載いたします。どうぞご自由にご覧ください。

 

 

 

公開シンポジウム当日資料.pdf
PDFファイル 508.8 KB
PJの活動の一環として作成した、企画紹介と鳩間島のマップが一緒になった資料です。どうぞご覧ください。
はとまっぷNo.1.pdf
PDFファイル 381.3 KB
はとまっぷNo.2.pdf
PDFファイル 389.5 KB

 

「鳩間×早稲田 共に考える島の未来 ~人口50人の離島に学生が今できること~」

 

東京から2000キロ離れた、沖縄県八重山郡竹富町に鳩間島という島があります。1時間も歩けば島を一周できるほどの小さな島です。かつてドラマのロケ地となったこともある美しい海に囲まれたこの島には、現在約50人の島民が暮らしています。離島交流プロジェクトは2006年から継続してこの島において、海岸清掃や子どもたちとの交流活動に取り組みながら、学生が島のためにできることは何かを模索してきました。

そして今回実施するシンポジウムでは、これまで7年間で行ってきたプロジェクトの活動を踏まえ、「鳩間島の今後に、学生がどのようにかかわっていけるか」をテーマに学生と島民の間でパネルディスカッションを行います。人口50人、ともすれば“限界集落”と括られるこの島の今後について、当事者である島民や、若者ならではの視点で島に関わる学生の声を元に、今後の過疎地域で求められるボランティアについて広く議論します。

 

【主催】平山郁夫ボランティアセンター(WAVOC)公認 離島交流プロジェクト

【後援】早稲田大学文化推進部

     東京城西ロータリークラブ

 

【日時】2012年11月10日(土) 14:00~16;00 シンポジウム

16:30~17:30 三線奏者 加治工勇氏ライブ

 

【会場】早稲田大学 早稲田キャンパス25号館

大隈ガーデンハウス1階 大隈ガーデンホール

http://www.wcoop.ne.jp/shop/map.html

【内容】学生によるプレゼンテーション「鳩間島の概要・歴史・現状について」

島民と学生によるパネルディスカッション

「鳩間島の今後に、学生がどのように関わっていけるか」

 

【パネリスト】

○鳩間島島民

 通事建次氏(鳩間島公民館長)

 浦崎金雄氏(鳩間島副公民館長・NPO法人南の島々守り隊 理事長)

 加治工勇氏(鳩間島区長)

 大城正明氏(元竹富町役場企画財政課課長・NPO法南の島々守り隊 事務局長)

 石垣幸子氏(竹富町立鳩間小中学校 校長)

○学生

 離島交流プロジェクトメンバー 3名

○司会

 早稲田大学職員・離島交流プロジェクトコーディネーター 中村正道氏

 

参加連絡は不要です。直接会場までお越しください。

何かありましたら ritoukouryuu@gmail.com まで。

 

 

 

 

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターWAVOC 離島交流プロジェクト

2013年春渡航新メンバー募集のお知らせ~

 

 

私たち離島交流プロジェクトは春季と夏季の年2回、

沖縄県の鳩間島を訪れ、そこに住む島民の方と交流することを目的とする団体です。

 

私たちが訪れる鳩間島は八重山諸島西表島の北5.4kmに位置する

人口約50人、1時間もあれば徒歩で島1周することの出来るほどの小さな島です。

そこは四方を青く美しい海に囲まれていますが、

島民が台風などの厳しい自然環境と対峙しながら生活しています。

同時にその遠隔性などから島では高齢化や人口流出なども進行しています。

 

『私たちがこの美しい島に何かできることはないのか、役に立てないだろうか』

そのような思いからこのプロジェクトは始まり、今年で7年目を迎えました。

私たちはプロジェクトの活動を通じて、

「島を元気にし、学生も成長する」「島に共感する」という理念に基づき、

様々なイベントを鳩間島の皆さんと一緒に行っています。

 

これまで七年間、私たちは上記の理念を実現するために、

「鳩間を知ること」「島民と親しくなり、島に信頼されること」

を目標に活動してきました。

しかし、今回で渡航も10回目となり、この目標も概ね達成できたという認識があります。

 

そこで、プロジェクトがより発展すべく、

「鳩間のこれからを島民とともに考える」という新しい目標を立て、

新たなるステップに挑もうとしています。

 

私たちと一緒に小さな島に大きな夢を咲かせませんか?

 

<説明会概要>

   【日時】109()  昼休み

             1010()1012()16:3018:00

 

   【場所】109()

       早稲田大学201-39号館

       平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC3MTGスペース

(地図:http://www.waseda.jp/wavoc/access/index.html)

 

        1010()1012()

       学生会館w503教室

       (上記の日程で都合の合わない方は個別に対応いたしますので、

       下記のメールアドレスにご連絡ください。)

 

   【対象】毎週水曜(場合によっては金曜)の5限後に行われるミーティングに参加できる方、なおかつある程度継続して渡航に参加できる方。

学部・学年は問いません。どなたでもお越しください。

       早大生以外でも大丈夫です。

   【募集定員】若干名

 【参加方法】事前の連絡は不要です。直接会場までお越しください。

 【問い合わせ先】welcome.ritou@gmail.com

 【BLOGhttp://hatoma.blog45.fc2.com/

 【HP】 http://ritoukouryupj.jimdo.com/

 【twiterhttp://http://twitter.com/#!/rito_pj

 

 

また、11月にシンポジウム

「鳩間×早稲田 共に考える島の未来

~人口50人の離島に学生がいまできること~」

の開催を予定しています。内容は、島民の方との公開討論等です。

プロジェクトが次のステップに進むために、とても重要なシンポジウムです。

こちらに参加できるかたも募集しています!

 

 

 

 

 

 

離島交流PJ代表加藤 shindoimagインタビュー記事掲載

 

離島交流プロジェクト代表加藤のインタビュー記事を

 

shindoimagに掲載させていただきました。                      

 

「加藤氏 – 早稲田大学 離島交流プロジェクト代表」 

 記事URLhttp://shindoimag.com/archives/20